×CLOSE
2018.08.16

【実施報告】マリンチャレンジプログラム2018中国・四国大会 〜海と日本プロジェクト〜を開催。全国大会に進む3チームが決定!

8月10日、愛媛大学 城北キャンパス(愛媛県松山市)にて、マリンチャレンジプログラム2018中国・四国大会〜海と日本プロジェクト〜を開催しました(主催:日本財団、一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構、株式会社リバネス)。

当日は、中国・四国地域の4県から11校12チームが参加し、海洋や水環境に関する研究発表を行いました。

 

<実施概要>

日 時:2018年8月10日(金)10時15分開場、10:45~17:30

場 所:愛媛大学 城北キャンパス メディアセンター 1F メディアホール(〒790-8577 愛媛県松山市文京町3)

参加者:発表チーム中高生45名、教員12名、研究アドバイザー3名、見学者12名、審査員・講演者6名、計78名

 

優秀賞受賞チーム、研究代表者は以下の通りです。

<発表演題・優秀賞一覧>

受賞 研究テーマ 研究代表者 都道府県
1 牡蠣殻を活用して人工干潟の保全を目指せ! 劉 美辰
(岡山学芸館高等学校 2年)
岡山県
2 イルカの可動骨格標本作成 平泉 佑己
(鳥取県立鳥取西高等学校 2年)
鳥取県
3 ミズクラゲにおける感覚器と傘の開閉運動の関係 松永 悠奈
(ノートルダム清心学園清心女子高等学校 1年)
岡山県
4 瀬戸内海(岡山・香川間)における海水中のイオン濃度の数理モデル化 梶内 遥菜
(岡山県立倉敷天城高等学校 1年)
岡山県
5 タコの吸盤の構造の再現に関する研究 藤井 愛子
(岡山県立玉野高等学校 1年)
岡山県
6 瀬戸内海における海浜動物相調査 内藤 晴香
(岡山県立玉島高等学校 1年)
岡山県
優秀賞 7 降河回遊種モクズガニにおける海と川の連続性の評価から、増殖へのアプローチ 田中 宏樹
(金光学園中学・高等学校 中学3年)
岡山県
優秀賞 8 今治市近海に生息する海岸生物の寄生虫に関する調査 渡部 真衣
(愛媛県立今治西高等学校 3年)
愛媛県
9 ウミホタルの個体に負担の少ない音による発光条件の特定 森下 加奈巳
(岡山県立玉野高等学校 1年)
岡山県
10 養殖鯉の廃棄稚魚からの魚醤生産 荒木 舞桜里
(広島県立世羅高等学校 1年)
広島県
優秀賞 11 ヤバいほどアユが遡上しすぎる魚道の開発 小南 汐梨
(岡山理科大学附属高等学校 3年)
岡山県
12 ニホンイシガメの保全生態学的研究~外来寄生ビルによる新たな脅威?~ 福貞 陽里
(広島県立賀茂高等学校 1年)
広島県

 

<当日の様子>

開会式の様子

基調講演「研究成果が変える地域の課題と魅力」
蜂谷 潤さん(一般社団法人 うみ路 代表、合同会社シーベジタブル 共同代表)

今治市近海に生息する海岸生物の寄生虫に関する調査
渡部 真衣さん
(愛媛県立今治西高等学校 3年)

降河回遊種モクズガニにおける海と川の連続性の評価から、増殖へのアプローチ
田中 宏樹さん
(金光学園中学・高等学校 中学3年)

ヤバいほどアユが遡上しすぎる魚道の開発
小南 汐梨さん
(岡山理科大学附属高等学校 3年)

集合写真

 

全国の採択チーム・研究テーマ一覧は、マリンチャレンジプログラムウェブサイトからご覧いただけます。(マリンチャレンジプログラムは「海と日本PROJECT」の一環で実施しています)
マリンチャレンジプログラムウェブサイト:https://marine.s-castle.com/school/

 

■今後の大会スケジュール
各地域ブロック大会の優秀賞受賞チームは、3月の全国大会にて研究成果を発表します。場所は東京都内を予定しております。詳細は決定次第、ウェブサイトで情報を掲載予定ですのでご確認ください。
ウェブサイト:https://marine.s-castle.com/

■本件に関するお問い合わせ先 株式会社リバネス 瀬野、岸本
Email: [email protected] Tel: 03-5227-4198 FAX: 03-5227-4199

 

海と日本PROJECT
このイベントは、海と日本PROJECTの
一環で実施しています
PAGE TOP