2021年度マリンチャレンジ概要

OUTLINE
日本財団とリバネスでは、海洋分野での課題を見つけ、人と海との未来を創り出す仲間づくりのため、マリンチャレンジプログラムを開始しました。2017年度から、海・水産分野・水環境にかかわるあらゆる研究に挑戦する中高生研究者を対象に、研究資金助成や研究アドバイザーによるサポートを行っています。
2021年度の募集ページはこちら!

※リバネスID上での登録に不具合がある場合は、[email protected]へのご連絡をお願いします。

募集テーマ

海・水産分野・水環境に関わるあらゆる研究

船や洋上風力発電所などの海や水中にかかわるものづくり、海洋生物や水産物の生態・活用方法の研究、海の環境を知ることや守るための研究など、分野は問いません。

募集対象

中学生、高校生、 高等専門学校生(3年生以下)による2名以上のチーム※異なる学校や学年による組成も可

申請条件

  • 研究活動を行う中学生、高校生もしくは高等専門学校生(3年生以下)が、主体的に申請すること。
  • 研究活動を指導する指導者がおり、指導者の推薦・同意があること。
  • 申請書類に記入すべき情報(連絡先等を含む)の提供が可能であること。
  • オンライン面談への参加が可能であること。
  • 採択チームは、2021年8月に各ブロックで行われる成果発表会に参加すること。 ※交通費は研究費とは別途支給します(上限あり) ※オンライン実施となる可能性があります
  • 各ブロックでの成果発表会において選抜チームに選ばれた場合、2022年3月に行われる全国大会に参加すること(会場は東京を予定)。 ※交通費は研究費とは別途支給します(上限あり) ※オンライン実施となる可能性があります

助成内容と採択数

採択チーム

①北海道・東北 ②関東 ③関西 ④中国・四国 ⑤九州・沖縄の5ブロックで計40チーム

  • 研究費5万円
  • 各地方大会までの研究コーチ(計4回程度のオンライン面談でサポートします)
  • 授与式参加、地方大会参加の交通費(上限あり)
※地方大会で発表を行ったチームには、上記に加えて研究発表奨励金(2万円)を贈ります。本プログラムでの研究成果を、他の学会等でも発表するための旅費にご活用下さい。 ※全国大会へは5ブロックから計15チームが選抜されます。 ※全国大会への交通費も助成します(上限あり)。

研究交流会参加チーム

東日本地区(①北海道・東北 ②関東)、
西日本地区(③関西 ④中国・四国 ⑤九州・沖縄)の2地区から計10チーム

  • 地方大会参加の交通費(上限あり)
※採択チームとはほかに、地方大会でポスター発表に参加することができる『研究交流会参加チーム』があります。こちらに採択された場合、研究費の助成および研究コーチはありませんが、地方大会への交通費は支給されます。

スケジュール

申請チーム募集期間 2020年12月7日(月)~2021年2月19日(金)※18:00締め切り
※COVID-19に伴う緊急事態宣言延長による学校現場状況を考慮し延長しました。
申請書類選考およびオンライン面談 2021年3月2日(火)~3月25日(木) ※申請書類選考を通過した方のみオンライン面談を行います
採択決定時期 2021年4月6日(火)頃
研究サポート期間 2021年4月~8月、全国大会選抜チームは2022年3月まで実施

選考基準

次の要件を総合的に審査し、選考します。
  1. 1 申請書に不備がないか。わかりやすく記述できているか。
  2. 2 研究チームに熱意があるか。
  3. 3 課題設定→文献調査→仮説設定→検証実験の流れがあるか。

授与式開催日程・場所(予定)

①北海道・東北 2021年4月25日(日) オンライン実施
②関東 2021年4月18日(日) オンライン実施
③関西 2021年4月18日(日) オンライン実施
④中国・四国 2021年4月25日(日) オンライン実施
⑤九州・沖縄 2021年4月25日(日) オンライン実施

成果発表会開催日程・場所(予定)

九州・沖縄大会 2021年8月11日(水) 検討中
中国・四国大会 2021年8月12日(木) 検討中
北海道・東北大会 2021年8月14日(土) 検討中
関西大会 2021年8月15日(日) 検討中
関東大会 2021年8月18日(水) 検討中
全国大会 2022年3月 東京

プログラムの流れ

  • 申請チーム募集
  • 全国大会選考
  • 全国大会
海と日本PROJECT
このイベントは、海と日本PROJECTの 一環で実施しています
PAGE TOP