×CLOSE
2017.07.13

沖縄工業高等専門学校7/13第三回面談実施「効率よく卵を集めるには?」

第3回の面談では、実際に作った卵の採取機構について議論を行いました。

ポンプで水ごと吸い上げる、ストローで吸い取るなど、たくさんのタイプを試しましたが、海水を必要以上に汲みあげてしまったり、一回に採取できる量が少なかったりと、まだまだ課題が山積みです。アドバイザーの仲栄真と一緒に、サンゴの卵が産卵後、どのように海を漂うのかなどディスカッションをしながら機構について議論を進めました。

この後は、マリンチャレンジ九州・沖縄大会に向けて準備を進めていきます

戸上

海と日本PROJECT
このイベントは、海と日本PROJECTの
一環で実施しています
PAGE TOP