関東ブロック

魚類の性転換における生体内外の変化と採血を用いた性識別の確立

●研究代表者
相木 春人
●研究代表者所属校
浅野中学高等学校
昨年度は先輩が魚類の性転換に着目した研究に一緒に取り組み、キュウセン(ベラ科)の性転換には血球の量や種類、飼育環境などによる影響について研究を行ってきた。始めはお手伝いの感覚で始めた研究ですが、飼育する中でキュウセンへの愛着がわき、性転換に関する不思議も解明したいと強く思うようになった。また、学校の近海にはキュウセン以外のベラ科魚類も生息しており、この研究を活かせないかと自分が解決したい課題を考えるようになった。さらに、浅野生物部に入ってからは解剖の練習を続けており、性転換の仕組みを理解するためにも必要な技術であると思っている。以上より、来年度は自分の考えた研究をしたいと思い申請した。

活動情報

ただいま活動情報はありません。

その他の活動情報

ただいまその他の活動情報はありません。

PAGE TOP