×CLOSE

中国・四国ブロック

人工干潟の研究と海洋廃棄物による発電

●研究代表者
劉美辰
●研究代表者所属校
岡山学芸館高等学校
⑴干潟 数か所におよんで天然と人工の干潟の環境を観察し、そこの生き物や土壌を採取する。 摂取した土壌の成分や構造、そこに生息する生き物など様々な観点から比較実験を行い、相違点や共通点に着目し、人工干潟をどのように製作すれば生物にとって住みやすい環境を作れるかを調べる。 ⑵ 海洋廃棄物によるメタンガスの発生 ペットボトルなどを使い、安易なバイオマス装置を作って、種を取ったアマモやヘドロ、貧酸素海水などを使ってそれらのメタンガスの発生量を測る。 対照実験をして、水田で採取した水と貧酸素水塊を二つの装置に入れ、発酵させ、それぞれで発生するメタンガスの量を測る。

活動情報

ただいま活動情報はありません。

PAGE TOP