九州・沖縄ブロック

タナゴ類と二枚貝類の分布から見る絶滅の危機

●研究代表者
新川 美空
●研究代表者所属校
大分県立日田高等学校
タナゴ類が絶滅危惧種に指定されていることを知り、絶滅を防ぎたいと思った。また、詳しく調べてみると、タナゴ類は二枚貝類に産卵するなど、タナゴ類は二枚貝類と依存関係にあることがわかり、これらを深く研究すれば、タナゴ類の保全につながると考えた。まず、タナゴ類と二枚貝類の研究を行う上で、実際に生息地や個体数、以前と比較したときの個体数の変動を究明する必要があると考えた。タナゴ類は二枚貝類と依存関係にあるので、二枚貝類が減少すればタナゴ類は産卵環境を失う。よって、絶滅を防ぐために、二枚貝類の減少の原因を解明して二枚貝類を増やすことができれば、タナゴ類の産卵環境を確保でき、タナゴ類を絶滅から救うことができると考えた。

活動情報

ただいま活動情報はありません。

その他の活動情報

ただいまその他の活動情報はありません。

PAGE TOP