九州・沖縄ブロック

日焼け止め成分が珊瑚に与える影響~肌も珊瑚も守りたい~

●研究代表者
重信 瑚杜子
●研究代表者所属校
鹿児島県立大島高等学校
サンゴ礁は多様な海洋生物の住処や産卵場所として重要な役割を果たしているが、世界中で白化現象が確認されており、奄美でも確認された。白化現象だけでなく、サンゴへ悪影響を与えるものの一つとして化学物質を含む日焼け止めが挙げられる。海外では有害化学物質を含む日焼け止めの使用が禁止されている所もあるが、日本、奄美ではその認知度は低い。奄美のサンゴ礁、そこに暮らす多様な生物を守るため、日焼け止め成分とそのサンゴへの影響を調査したい。ノンケミカルの日焼け止めのサンゴへの影響を調べ、その推奨を奄美で図りたい。そのために、サンゴへの影響を調べるだけでなく、島民の意識を高めるための取り組みを行いたいと考えている。

活動情報

ただいま活動情報はありません。

その他の活動情報

ただいまその他の活動情報はありません。

PAGE TOP