×CLOSE

九州・沖縄ブロック

卵胎生魚であるカダヤシにおける仔魚と母体間での物質の授受を探る

●研究代表者
髙濵 要資
●研究代表者所属校
海星高等学校
在来のメダカが減少するなか、メダカによく似た特定外来種のカダヤシの繁殖地拡大が近年問題になっている。カダヤシは卵胎生魚であり、とても繁殖力が強い生物である。また、水質汚染にも強い生物である。卵胎生には、いくつかの種類があり、卵黄依存型や母体依存型などがあり、卵生に近い機構であるか、胎生に近い機構であるかを調べ、水質の変化にどのように影響を受けているのかを本研究では追求したい。

活動情報

ただいま活動情報はありません。

PAGE TOP