関西ブロック

関西創価学園周辺における池の環境悪化の調査及び改善方法の確立

●研究代表者
尾西 勇樹
●研究代表者所属校
関西創価高校
本校の池の水質調査を行った所、蛍が生息する池の水質は平均水準でしたが、その他の池は低水準だということが判明しました。さらに、汚れていた池の中にはアメリカザリガニやブルーギルといった外来生物が生息していることが判明し、これまでは外来生物を釣り、その活用方法について研究を行ってきました。その一方で、根本的な池の環境を改善することには至っておらず、どうすれば池の水質を改善できるか調査を行うことにしました。この研究の目的は、本校の池の現状を調査し、どのようにしてそのような環境が出来上がったかを明らかにし、きれいな池を学生の手でも維持できる手法を確立することです。

活動情報

ただいま活動情報はありません。

その他の活動情報

ただいまその他の活動情報はありません。

PAGE TOP