中国・四国ブロック

カブトガニの保護啓発~海の豊かさ豊かな未来~

●研究代表者
倉田 隆成
●研究代表者所属校
岡山県立笠岡高等学校
笠岡湾は、大干拓事業により、海水が入れ替わらなくなり、生活排水などによって環境悪化が進み、絶滅の危機に追い込まれた。この事態を改善するため、国は繁殖地を天然記念物に指定し、世界で唯一のカブトガニ博物館をのご指導を頂きながら、本校も保護啓発活動に取り組んでいる。本年度の取り組みとして、①笠岡湾に流れ込む隅田川の水質調査と生息する生物の調査②海洋ごみやマイクロプラスチックに着目した生息地の調査③脱皮回数を増やすことを目的として、カブトガニの海水温度と休眠期間の関係についての研究を行っている。これからも、カブトガニが生息できる豊かな海にしていきたい。

活動情報

ただいま活動情報はありません。

その他の活動情報

ただいまその他の活動情報はありません。

PAGE TOP