×CLOSE

北海道・東北ブロック

季節による十八鳴浜の変化

●研究代表者
齋藤 一輝
●研究代表者所属校
宮城県気仙沼高等学校
宮城県気仙沼市には鳴砂の海岸として、十八鳴浜と九九鳴き浜があり、どちらも国の天然記念物に指定されている。なぜ砂が鳴るのか、また、鳴砂の浜がそこだけにできたのかについては、未だ解明されていないことが多い。地学班では、浜の生態系や環境による側面、気候や湾の形状といった側面から、十八鳴浜の変化を見守っている。気仙沼では復興工事や防潮堤建設により、砂浜がすくなくなっている。砂浜は生物の稚魚が育つために重要な場所とされ、十八鳴浜でも波打ち際ではアミ類のような生物が確認されている。季節によって種類や個数がどのように変化していくか、また、肉眼では見えない生物についても顕微鏡で観察していく。
PAGE TOP