中国・四国ブロック

海環境におけるマイクロプラスチック汚染指標の作成

●研究代表者
福田 有佑
●研究代表者所属校
広島県立広島国泰寺高等学校
これまでの調査で広島湾の魚類にはマイクロプラスチック(以下MP)が取り込まれていることが分かった。そこで、魚類の体重、消化管の長さと消化管内のMP数との関係を調べ、海環境におけるMP汚染の指標を作る研究を進めている。

活動情報

ただいま活動情報はありません。

その他の活動情報

ただいまその他の活動情報はありません。

PAGE TOP