九州・沖縄ブロック

棘皮動物の体の方向性

●研究代表者
満永 爽太
●研究代表者所属校
熊本県立済々黌高等学校
昨年私たちは、五放射相称で方向性がないとされていたウニ類の移動方向を調べ、多孔板の位置が移動方向に大きな影響を与えており、棘の長さや接触記憶も移動方向に影響していることを明らかにした。放射相称で移動に方向性がないとされていたウニ類に、左右相称動物と同じような移動の方向性があることを報告した。しかし、ウニで確認できた移動の方向性が棘皮動物全体で当てはまるものであるかは不明である。今回の研究では、ヒトデ類やクモヒトデ類など行動を調べ、放射相称で移動に方向性がないとされていた棘皮動物全体に、左右相称動物と同じような移動の方向性があるかどうかを明らかにしたいと考えている。

活動情報

ただいま活動情報はありません。

その他の活動情報

ただいまその他の活動情報はありません。

PAGE TOP