×CLOSE

関東ブロック

エビから観るハゼとのシェアハウス

●研究代表者
鈴木 麻友
●研究代表者所属校
鷗友学園女子中学高等学校
ハゼと共生するエビについて、共生の行程を基に、エビの視覚・嗅覚・触覚を調べる。 まず、ハゼ・エビの大きさと共生時の巣の大きさの関係を調べる。巣の大きさが変わると仮定し、それは視覚・嗅覚・触覚によるものとする。 視覚について、触角のあるエビAとないエビBに偽の敵を近づけて調べる。嗅覚について、エビA・Bに餌を近づけて調べる。触覚について、エビA・エビBがハゼと共生するか調べる。 以上の実験よりエビには嗅覚と触覚が働くと仮定する。最後に、エビはどこでハゼを見分けるか調べる。双方が離れた時にエビとハゼを分け、異なるハゼをエビに近づける。共生を始めると仮定し、エビはハゼを触覚で認識すると考える。

活動情報

ただいま活動情報はありません。

PAGE TOP