×CLOSE

関西ブロック

シロアリが日本を救う!?~シロアリ配合飼料が魚体に与える影響~

●研究代表者
森本 大介
●研究代表者所属校
清風高等学校
本研究の目的は、シロアリを使った木質バイオマスの利用である。現在、養殖魚の飼料として用いられてきた魚粉の価格が高騰している。そこで私たちは現在,ほとんど価値のない木質バイオマスを利用することで,この問題を解決できるのではないかと考えた。本研究では木質バイオマスの中でも私たちは間伐材に注目した. 1つ目は、間伐材をシロアリに与えた際の影響。2つ目は、シロアリ配合飼料が魚体に対して与える影響。3つ目は、前述した2つの研究結果から、具体的にコストを算出することである。現在,1つ目と2つ目の研究は進行中であるが,今までのところ間伐材はシロアリによる分解が可能である。

活動情報

ただいま活動情報はありません。

PAGE TOP