北海道・東北ブロック

環境DNAの手法を用いたサンショウウオ保全プロジェクト

●研究代表者
松木 志帆
●研究代表者所属校
仙台城南高等学校
仙台城南高校自然科学部では,構内の水場を産卵地として利用している野生のトウホクサンショウウオの生態調査と保全活動を行っている。本種は国及び宮城県の準絶滅危惧種に指定されているが,宮城県内の本種の生息状況を示す詳細なデータは発表されておらず,不明な点が多い。 サンショウウオの成体は発見そのものが難しく、形態的特徴による種の同定も難しい。 そこで、本研究では「環境DNA」の手法を用いて、宮城県内に生息するサンショウウオ類の生息状況を明らかにしたいと考えている。生息地の水の採取だけで生息している生物種を特定すること、形態的特徴では判断しにくい場合にもDNA解析で種を特定することが可能である。

活動情報

ただいま活動情報はありません。

その他の活動情報

ただいまその他の活動情報はありません。

PAGE TOP