×CLOSE

関西ブロック

スーパー褐虫藻とイソギンチャクでサンゴを救う

●研究代表者
小川 音乃
●研究代表者所属校
関西学院千里国際高等部
現在、地球規模で海の砂漠化とも呼ばれる、サンゴの白化現象が起こっており、それを原因として海洋の生態系が破壊されつつあります。 本研究では、この白化現象を解明するために、褐虫藻の耐久性について研究します。 サンゴとほぼ同じ性質を持つイソギンチャクは培養も容易で飼育がしやすく、褐虫藻と共生関係を結ぶことが知られています。そのため、イソギンチャクで得られた成果はサンゴにも繋がると考え、本研究にはイソギンチャクを用いて実験を行いたいと思います。

活動情報

ただいま活動情報はありません。

PAGE TOP