北海道・東北ブロック

白竜湖産コイのミトコンドリアDNAの簡易識別と新規プライマーの作成

●研究代表者
佐藤 充朗
●研究代表者所属校
山形県米沢興譲館高等学校
日本のコイには在来系統と外来系統が存在し、両者には遺伝的に大きな違いがあるためPCR 法を用いることで判別を行うことが可能であると知った。そこで私たち は、キタノメダカを含む在来種の保全に役立てることを目的に、コイの系統判別を行おうと考えた。まず、個体からDNAを抽出し、先行研究により開発されたプライマーを用いてミトコンドリアDNAの簡易識別を行い、山形県南陽市の白竜湖に生息するコイの系統判別を行うこととした(実験①)。さらに私たちは、環境DNAによる系統判別に適した新規プライマーを作成しようと考えている(実験②)。結果としては、白竜湖産コイは外来系統である可能性が高いと考えている。

活動情報

ただいま活動情報はありません。

その他の活動情報

ただいまその他の活動情報はありません。

PAGE TOP